(財)肥料経済研究所トップページ > 施肥改善技術 研究成果一覧 > 施肥改善技術の概要(葉茎菜類栽培)

施肥改善技術の概要(葉茎菜類栽培)


2017年10月現在

施肥改善
の目的
施肥改善
技術
作物「品種」 成果情報名 要約・目的 担当 分類 年度 URL
URLをクリックすると
外部サイトへリンクします
 担当 
減肥(リン酸50%低減) リン酸カリ溶液浸漬 ネギ 定植前のネギ苗へのリン酸カリ溶液施用はネギの増収とリン酸減肥を可能にする ネギ苗をリン酸濃度1.15%に調製したリン酸カリ溶液に定植前に浸漬することによって、初期生育が顕著に促進され、収量が有意に増加する。それによって、圃場へのリン酸施用量を50%以上削減しても、慣行と同等以上の収量を確保できる。 農研機構 東北農業研究センター・環境保全型農業研究領域 主要普及成果 26 http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/tarc/2013/13_046.html 農研機構東北農研センター
適正施肥 土壌診断 ハクサイ、レタス、ホウレンソウ 早春まき施設野菜収穫後の土壌残存および残渣由来窒素推定による施肥対応  早春まき施設野菜の収穫跡地の硝酸態窒素濃度は、作付け前の土壌窒素、施肥量および窒素 吸収量から推定できる。はくさい、レタス、ほうれんそうおよびかぶの窒素吸収量は収量から 推定できる。はくさい、レタスの外葉窒素の70%は肥料成分と見なせる。早春まき施設野菜の 後作では、これらの値を用いて施肥対応ができる。  道総研 道南農試・研究部・生産環境G 指導参考 27 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/28/f2/18.pdf 北海道
特別栽培(化学合成農薬、化学肥料 5 割削減) 有機質資材(:牛ふんバーク堆肥、豚ぷんペレット) ホウレンソウ 施設栽培ほうれんそうにおける化学合成農薬・化学肥料 5 割削減栽培技術と作型別評価  施設栽培ほうれんそう 4 作型において、化学合成農薬・化学肥料窒素 5 割削減栽培技術を組み合わせ、その効果を検証したところ、6 月に土壌消毒を実施した後の 7・8 月どり作型については病害虫の被害が少なく慣行と同等の収量・品質が得られた。  道総研 道南農試・研究部・生産環境G 指導参考 28 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/29/f2/25.pdf 北海道
有機栽培、生産力向上 緑肥 レタス、スイートコーン 有機栽培畑における生産力向上のための緑肥活用法  緑肥の作付により熱水抽出性窒素は増加し、たい肥の施用でさらに増加した。その増加程度 は、緑肥やたい肥等に由来する難分解性の有機態窒素の増大に伴って緩慢となった。休閑・後 作緑肥を 2 ヵ年作付することで作物の収量性や土壌環境が向上したことなどから、有機栽培畑 への転換を前提とした緑肥導入モデルを提示した。  道総研 中央農試・農業環境部・栽培環境 G  指導参考 26 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/27/f2/16.pdf 北海道
特別栽培(化学合成農薬、化学肥料 5 割削減) 有機質資材(発酵鶏ふん、魚かす) ブロッコリー ブロッコリー栽培における化学合成農薬・化学肥料削減技術の高度化  ブロッコリー栽培において、化学合成農薬としてカウントされない農薬や発酵鶏ふんを代替 資材とし、化学合成農薬、化学肥料 5 割削減技術体系を確立し、モデルを提示した。本技術は慣行と同等 の規格内率が得られ、さらに L・2L 規格の花蕾数を確保できた。  道総研 中央農試・病虫部・クリーン病害虫 G、農業環境部・栽培環境 G  指導参考 28 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/29/f2/24.pdf 北海道
省力 肥効調節型肥料、全量施肥 ネギ 露地春まきねぎに対する被覆尿素肥料「セラコート R」の施用効果  ねぎに対してシグモイド型被覆尿素肥料セラコート R50、R70 を用いて、分施窒素相当量を全量基肥全層施肥または全量基肥作条施肥することにより、基肥全層−分施区(農家慣行に相当)とほぼ同 等の収量が得られ、窒素分施の省略が可能であった。  道総研 花野技セ・研究部・生産環境G 指導参考 27 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/28/f2/22.pdf 北海道
有機栽培、環境負荷低減 有機質資材、土壌診断 タマネギ、バレイショ 有機栽培におけるたまねぎ・ばれいしょの窒素施肥基準と窒素負荷低減対策の実証  たまねぎは、窒素施肥量の 1/3 を定植時に分施することで約 2 割増収した。標準窒素量で得られる収量水準を基に、たまねぎ、ばれいしょの窒素施肥基準を策定した。窒素負荷低減と収量 確保の両立には、窒素施肥対応による減肥と後作緑肥の無窒素栽培が有効で、その際のたい肥 施用上限量は概ね 3 t/10a が適当であった。  道総研 中央農試・農業環境部・栽培環境 G  指導参考 26 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/27/f2/15.pdf 北海道
有機資源の有効利用、適正施肥 有機質資材(発酵鶏ふん)、土壌診断 タマネギ 春全量施肥を前提とした有機栽培たまねぎの窒素施肥基準  窒素含有率 4%以上の有機質資材を用いて施肥窒素の全量を当年春に施肥すると、春分施体系 (施肥窒素の 2/3 を前年秋に、1/3 を当年春にそれぞれ施肥)よりも作土の無機態窒素が確保 されて増収する。4 月下旬までの極早生品種の移植を前提に、目標収量(4400 kg/10a)の確保 に必要な窒素施肥量を窒素肥沃度別に示した。  道総研 中央農試・農業環境部・栽培環境 G 指導参考 28 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/29/f2/15.pdf 北海道
安定生産、環境負荷低減 窒素分施 タマネギ 移植たまねぎ安定生産のための窒素分施技術  基肥:分施=2:1 の配分で移植後 4 週目頃に硝酸カルシウムを分施することにより、多雨に 伴う応急的追肥が不要となり、様々な降水条件下で移植たまねぎの安定生産と環境への窒素 負荷低減が可能となる。本技術をリン酸施肥削減技術と組合せると、初期生育向上でより一 層の安定生産が図られ、所得の更なる向上も期待できる。  道総研 北見農試・研究部・生産環境G、、中央農試・農業環境部・栽培環境G 普及推進 27 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/28/f1/06.pdf 北海道
省力 肥効調節型肥料、全量施肥 キャベツ キャベツに対する被覆窒素または苦土炭カル入りBB肥料の施用効果 被覆窒素(N)肥料からの溶出試験では、リニア15日タイプのN溶出が最も速く、春まきキャベツに適した。リニア15日タイプを含むBB肥料を施用すると、キャベツの生育・収量が対照区(速効性BB肥料・硫安で分施)とほぼ同等に得られ、分施省略が可能になった。また、苦土炭カルを含むBB肥料を施用すると、キャベツの生育・収量が対照区と同等であった。 道総研 花野技セ 研究部 生産環境G 指導参考 24 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/25/f2/22.pdf 北海道
品質向上 有機質肥料 コマツナ 有機および無化学肥料栽培こまつなにおける品質成分の変動と硝酸塩低減化 有機および無化学肥料栽培こまつなの品質成分は、慣行栽培と同様に1株重や窒素吸収量、生育日数によって変動する。有機栽培および無化学肥料栽培では、窒素肥効が緩やかな有機質肥料を用いて生育日数を長くとる(慣行栽培プラス6〜8日が目安)ことで、慣行栽培並の収量を確保しながら硝酸塩低減や、品質向上が図られる。 道総研 中央農試 農業環境部 栽培環境G、農研機構 北海道農業研究センター 生産環境研究領域 指導参考 24 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/25/f2/17.pdf 北海道
減肥(窒素低減) 土壌診断 ミズナ、ホウレエンソウ ハウス葉菜類における土壌熱水抽出性窒素に基づく窒素施肥の適正化 土壌の熱水抽出性窒素が10 mg/100g 以上あるハウスでは,みずな・ほうれんそう栽培において現行の施肥対応における窒素施肥量から更に3 kg/10a の窒素を削減しても,夏秋期の減収リスクは小さく,ほうれんそうでは硝酸塩濃度をやや低下させることが出来る。 道総研 花野技セ 研究部 生産環境G、
上川農試 研究部 地域技術G
指導参考 25 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/25/f2/15.pdf 北海道
省力 肥効調節型肥料、全量施肥 ブロッコリー、コムギ 被覆尿素肥料の畑地における窒素溶出特性とブロッコリー及び秋まき小麦に対する施用法 ブロッコリーでは被覆尿素肥料窒素を基肥に40〜50%程度配合することにより分施が省略可能であり、初期生育が向上し規格内収量が分施区より最大30%程度増収する。秋まき小麦では基肥に被覆尿素肥料を用いることにより、起生期追肥が省略可能であり、対照区と同様の収量および品質が得られた。 道総研 中央農試 農業環境部 栽培環境G 指導参考 24 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/25/f2/21.pdf 北海道
減肥(窒素、リン酸低減) 肥効調節型窒素肥料、チェーンポット内施肥 ネギ 露地夏秋どりねぎにおけるチェーンポット内施肥による窒素・リン酸減肥栽培技術 露地夏秋どりねぎにおいて、シグモイド型肥効調節型窒素肥料、熔リンのチェーンポット内施肥により、窒素、リン酸の減肥および本圃での施肥省略が可能である。これらの組合せによる窒素とリン酸のチェーンポット内同時施肥は対照と同等の収量が得られる。 道総研 道南農業試験場 研究部 生産環境G等 指導参考 26 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/26/f2/27.pdf 北海道
減肥(20%減)、省力 肥効調節型肥料 キャベツ キャベツに対する肥効調節型肥料の利用法 キャベツの全面全層施肥における省力安定栽培技術として、利用場面に応じた肥効調節型肥料を用いた効率的施肥法を確立した。 道総研 中央農業試験場 生産環境部 栽培環境科 指導参考 21 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/22/f2/022.pdf 北海道
減化学肥料 チューブかん水栽培技術、土壌診断 セルリー セルリーのチューブかん水栽培における減化学農薬栽培技術と土壌診断に基づく施肥対応 化学農薬を慣行の30%以上、化学肥料を慣行に対し30〜35kg/10aまで削減できる技術を開発した。 道総研 中央農業試験場 環境保全部 土壌生態科、生産環境部 病虫科 推進技術 20 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/h21gaiyo/f1/010.pdf 北海道
化学肥料5割低減、低コスト 有機質資材施用 タマネギ たまねぎ栽培における化学肥料・化学合成農薬削減技術の高度化 消費者の多様なニーズに対応し、国などの支援を受けて、化学肥料や化学合成農薬を大幅に削減する取り組みが広がる一方で、収量や品質の安定化が課題となっています。
そこで、たまねぎにおいて化学肥料・化学合成農薬を慣行対比5割以上削減可能な技術を検討したところ、簡易モニタリングによる発生対応型防除技術の導入により重要病害虫の被害を回避し、不足分の窒素を有機質資材で代替することで、慣行栽培とほぼ同等の生産性が確保できました。また、本技術によって、物財費と労働費を回収可能な収量を確保できました。
成果は、農業改良普及センター等の営農指導機関を通じて特別栽培農産物の栽培などに活用されます。
道総研 北見農業試験場 研究部 生産環境G等 指導参考 22 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/23/f2/23.pdf 北海道
減肥、初期生育向上、増収 肥効調節型肥料、ポット内施肥 タマネギ 移植たまねぎにおける肥効調節型肥料を用いたポット内施肥法 YES!clean登録基準における窒素施肥量内で初期生育向上に有効なポット内施肥法を開発した。 道総研 中央農業試験場 生産環境部 栽培環境科 指導参考 21 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/22/f2/024.pdf 北海道
増収、省力 肥効調節型肥料 ブロッコリー、タマネギ(中晩生品種) 化学合成緩効性肥料「ウレアホルム」の窒素供給特性とブロッコリーおよびたまねぎにおける施用法 窒素施用量が多い野菜(キャベツ、ブロッコリー、たまねぎ)を対象に、最小限の
化学肥料しか使わないYES!clean(減化学肥料)栽培などでも収量の安定化が図られる効率的施肥法を確立しました。
道総研 中央農業試験場 生産環境部 栽培環境科 指導参考 21 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/22/f2/023.pdf 北海道
適正施肥 窒素施肥基準 ミズナ みずな移植・中株栽培の窒素施肥基準 良質な野菜を供給するためには土壌の窒素肥沃度に応じた適正施肥が重要ですが、みずなの移植・中株栽培については窒素施肥基準が未確立であったことから、土壌の窒素肥沃度に応じた窒素施肥基準を策定するための試験を行いました。
その結果、収量、窒素吸収量等との関係から、適正な窒素施肥量を、作付け前の土壌硝酸態窒素量が5〜10mg/100gの時9kg/10a、15mg/100g以上では無窒素としました。
道総研 上川農業試験場 研究部 地域技術G、花・野菜技術センター 研究部 生産環境G 普及推進 22 http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/23/f1/05.pdf 北海道
適正施肥 土壌診断、減肥 レタス レタス根腐病被害軽減を目的とした転炉スラグ施用時の肥培管理方法 レタス根腐病の被害軽減を目的に、転炉スラグで土壌pHを7.5程度に高めた場合の地力の変化とそれに応じた肥培管理方法が明らかになったので、参考に供する。 青森県産業技術センター 農林総合研究所・生産環境部 指導参考 27 http://www.applenet.jp/~nouken/promote/sakumoku/yasai/H27y5.pdf 青森県
病虫害軽減 転炉スラグを用いた土壌pH矯正 ニンニク 転炉スラグを用いた土壌pH矯正と種子消毒の併用によるニンニクの黒腐菌核病の被害軽減 ニンニクの黒腐菌核病対策として、土壌改良資材の一種である転炉スラグを用いた土壌pH矯正と、慣行防除法のチラウム・ベノミル水和剤による種子消毒を併用した結果、高い被害軽減効果が確認されたので参考に供する。 青森県産業技術センター 農林総合研究所・病虫部 指導参考 28 http://www.applenet.jp/~nouken/promote/sakumoku/yasai/H28y3.pdf 青森県
病虫害軽減 転炉スラグを用いた土壌pH矯正 ニンニク 転炉スラグを用いた土壌pH矯正と緑肥の併用によるニンニク紅色根腐病の被害軽減 ニンニク色根腐病対策として、土壌改良資材の一種である転炉スラグを用いた土壌pH矯正に加え、緑肥による有機物供給の効果を検討した結果、2つの耕種的方法の併用により高い被害軽減効果が確認されたので参考に供する。 青森県産業技術センター 農林総合研究所・病虫部 指導参考 28 http://www.applenet.jp/~nouken/promote/sakumoku/yasai/H28y4.pdf 青森県
減肥(リン酸、カリ) 鶏ふん灰・炭化物 キャベツ、レタス 鶏糞灰(商品名:昔の知恵、アッシュ、ハイカリン)及び炭化鶏糞(商品名:鶏ふん炭化物、万能炭太郎)の肥効特性に応じたりん酸・カリの減肥 これまで主に土壌改良効果を期待して利用されてきた鶏糞灰及び炭化鶏糞について、肥効特性に応じたりん酸・カリの減肥方法が明らかとなったので、参考に供する。 青森県農林総合研究所 生産環境部 指導参考資料 23 http://www.applenet.jp/~nouken/promote/sakumoku/yasai/YS6.pdf 青森県
未利用資源の有効活用 鶏糞燃焼灰入り高度化成肥料 ホウレンソウ ホウレンソウ栽培における鶏ふん燃焼灰活用高度化成肥料の施用効果 リン酸、カリ肥料は、世界的な需要の増加と資源枯渇による価格高騰が懸念されており、我が国では、輸入原料に依存しない国内未利用有機資源を使用した資材が普及しているが、本県での導入は少ない。そこで、国内未利用有機資源を使用した低コストな鶏ふん燃焼灰活用高度化成肥料につ いて、従来の化学肥料体系の代替資材としての有効性を検討したところ、成果が得られたので普及情報とする。 宮城県農業・園芸総合研究所 園芸環境部 普及技術 27 http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/306013.pdf 宮城県
安定生産 養液栽培、水稲用育苗箱、栽植密度、培土 ミズナ、リーフレタス 水稲育苗箱を用いたミズナ、リーフレタス等の簡易溶液栽培  水稲の育苗ハウスなどは3から5月の水稲育苗以外は使わない場合が多く、また水稲育苗の効率からハウス内土壌が固く締められていたりと野菜の栽培に不適なハウスが多い。今回ハウス内の土壌を使用せずに、水稲用育苗箱に培土を充填して各種葉菜類を栽培する場合の栽植密度、栽培方法を明らかにしたので、普及技術とする。  宮城県農業・園芸総合研究所 園芸栽培部 普及技術 28 http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/library/91hukyuugijutsu6.pdf 宮城県
減肥(リン酸低減) 土壌診断 ホウレンソウ 施設ホウレンソウ栽培における土壌中の適正リン酸量について 施設園芸土壌においてはリン酸の蓄積が著しい事例が多く,近年ではリン鉱石枯渇の予測から肥料価格が高止まりしている状況である。本県では肥料費高騰対策として,リン酸施肥における暫定的な減肥指標を50mg/100gで50%減肥,100mg/100gで100%減肥と他県の実績を参考に設定しているが,全国的にも根拠となるデータが不足している状況である。今回,施設ホウレンソウを対象としてリン酸の減肥指標について検討したところ,成果が得られたので普及技術とする。 宮城県農業・園芸総合研究所 園芸環境部 普及技術 26 http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/res_center/hukyuu-index88.html 宮城県
省力 基肥一発型肥料 キャベツ 基肥一発型肥料を用いた秋冬どりキャベツ栽培では、追肥作業を省略しても収量・品質を安定して栽培できる 秋冬どりキャベツの窒素吸収パターンに合うように開発された基肥一発型肥料をキャベツ栽培に用いることにより、全層施肥で追肥作業を省略しても、追肥を2回行った慣行栽培と同等の収量・品質を確保できる。 秋田県農業試験場 生産環境部 普及 26 http://www.pref.akita.lg.jp/uploads/public/archive_0000008247_00/25-02.pdf 秋田県
雑草発生抑制 肥効調節型肥料、畝内条施肥 キャベツ 秋冬キャベツにおける畝内条施肥の雑草発生抑制効果 秋冬キャベツ栽培において、肥効調節型肥料を含む一発型肥料を用いて、畝の内部にのみ条施用する畝内条施肥を行うことで、株間、畝間の雑草発生量が減少し、雑草生育も抑制される。 秋田県農業試験場 生産環境部 普及 26 http://www.pref.akita.lg.jp/uploads/public/archive_0000008247_00/25-05.pdf 秋田県
亜酸化窒素排出抑制 被覆肥料、硝化抑制剤入肥料 ブロッコリー 肥効調節型肥料による温室効果ガス削減効果 亜酸化窒素(N2O)は農業系から排出される温室効果ガスの一つで、その効果は炭酸ガス(CO2)の約300倍であり、窒素肥料の施用や有機物の微生物分解に伴って発生するといわれている。そこでブロッコリーの夏秋作栽培において被覆肥料及び硝化抑制剤入肥料利用による亜酸化窒素排出抑制効果を検討し、生産量を維持しながら亜酸化窒素排出量を削減できることを明らかにした。 福島県農業総合センター 生産環境部環境・作物栄養科 参考 25 http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/kenkyuseika/h25_sankou/h25_sankou_08.pdf 福島県
放射性セシウム低減 カリ施用 ミョウガ ミョウガにおける硫酸カリ施用による放射性セシウムの吸収抑制効果 多年性野菜のミョウガは、他の野菜類に比べ比較的高い濃度の放射性セシウムが検出されており、放射性セシウムの吸収抑制技術の開発が求められている。そこで、ミョウガ栽培において新たに改植した場合と、フォールアウトを受けた在ほ株に対してカリ肥料の増施を行い、放射性セシウム吸収に対する影響について調査した。 福島県農業総合センター 作物園芸部 野菜科 放射線関連支援技術情報 25 http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/kenkyuseika/h25_radiologic/h25_radiologic_52.pdf 福島県
放射性セシウム低減 カリ施用 タラノキ 新植するタラノキほ場にカリ施用を行った場合の放射性セシウムの吸収抑制効果 タラノキは多年生であるため、放射性物質のフォールアウトの影響やタラノキの根が浅根のため、タラノメから放射性セシウムが検出されていることから、放射性セシウムの吸収抑制技術の開発が求められている。タラノキを新植する場合のカリ肥料の増施による放射性セシウムの吸収抑制効果について検討し、新植とカリ増施が有効なことを明らかにした。 福島県農業総合センター 作物園芸部 野菜科 放射線関連支援技術情報 25 http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/kenkyuseika/h25_radiologic/h25_radiologic_53.pdf 福島県
減肥(リン酸) 土壌診断 キャベツ 可給態リン酸が多いほ場でのキャベツのリン酸減肥栽培 近年の肥料原料費の高騰は農家の経営を圧迫しており、それに対応した減肥栽培技術の実用化が緊急の課題となっている。そこで、キャベツにおけるリン酸減肥の可能性を現地ほ場で確認したところ、非黒ボク土で可給態リン酸が50mg/100g(トルオーグ法)以上のほ場及び黒ボク土で可給態リン酸が100mg/100g以上のほ場では、リン酸を施用しなくても減収しない。 福島県農業総合センター 生産環境部 環境・作物栄養科 参考 22 http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/kenkyuseika/h22_sankou/23s_12.pdf 福島県
肥料コスト低減、減肥 堆肥の肥料成分評価 レタス、ホウレンソウ、ネギ 園芸作物における堆肥の即効性肥料成分を活かした施肥法 園芸作物では、堆肥に含まれる無機態窒素、リン酸、カリの速効性肥料成分を2%クエン酸溶液で抽出 する分析法を明らかにしました。分析により得られた肥料成分濃度に基づき、堆肥を基肥として代替する 施肥法は、慣行と同等の収量を維持しながら4〜6割の肥料コスト削減が見込めます。  茨城県農業総合センター 園芸研究所 普及に移す成果 27 http://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/nosose/cont/public/diffuse/h27/pdf/03.pdf 茨城県
適正量施肥 土壌診断 レタス 秋冬レタスは土壌の硝酸態窒素および可給態窒素含量により診断施肥できる 秋冬レタスの施肥窒素量は、収穫期毎に定めた「供給窒素量」から土壌の「作付け前硝酸態窒素含量」と「可給態窒素含量」を差し引いた量とします。なお、「供給窒素量」は10月どりで10kg/10a、11月どりで15kg/10aです。 茨城県農業総合センター園芸研究所 普及に移す成果 25 http://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/nosose/cont/public/diffuse/h25/pdf/02.pdf 茨城県
放射性セシウム低減 作物、土壌のCs測定 アスパラガス 放射性セシウムを含む堆肥の表面施用によるアスパラガスおよび土壌への影響  堆肥の放射性セシウム(Cs)の暫定許容値は400Bq/kg(現物あたり)である。この値は、毎年2t の堆肥を土壌混和することを想定して策定されている。アスパラガス栽培では一般に堆肥を毎年、表層へ多量に施用する。そのため、暫定許容値以下の堆肥を施用した場合でも作物体への吸収が懸念される。そこで、堆肥の表面施用による作物体および土壌の放射性 Cs 含量への影響を明らかにする。  栃木県農業試験場 研究開発部 土壌環境研究室  研究情報 26 http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/nousi/seikasyu/seika32/sep_032_2_07.pdf 栃木県
カドミウム低減 土壌診断、石灰質資材施用 ホウレンソウ ホウレンソウのカドミウム吸収を抑制する技術 食品中のカドミウム濃度の国際基準に合わせて、国内でも、野菜の基準値策定が検討されています。ホウレンソウのカドミウム濃度が高くなりやすいほ場は、土壌pH が低く、石灰質資材を施用してもpH が上昇しづらい土壌であることがわかりました。
このような土壌でpH を目標値(ここでは6.5)に矯正するには、実ほ場の土壌溶液に近い条件となるよう、溶媒を硝酸カルシウム溶液に変えて緩衝曲線を作成し、算出した量の石灰質資材を施用することが有効です。また、粒状石灰資材を用いる場合は、は種1か月前に施用すると効果が早く出ます。
埼玉県農業技術研究センター 生産環境・安全管理研究担当 新技術情報 26 http://www.pref.saitama.lg.jp/b0909/documents/2kadomi.pdf 埼玉県
有機資源の有効利用、適正施肥 堆肥施用、カリ代替 コマツナ たい肥はカリ成分に留意して効果的な利用を! たい肥は、過剰施用するとリン酸やカリが土壌中に多く蓄積し、作物に病気が発生しやすくなります。たい肥や有機質肥料に含まれるリン酸やカリの有効成分について調査したところ、これらに含まれるカリ成分のほとんどは肥料として効く成分であることがわかりました。このため、標準施肥量のカリ成分をたい肥中のカリで代替し、窒素やリン酸の不足分を化学肥料で補う施肥法を検討したところ、収量性は化成肥料とかわりなく、土壌への過剰なカリ蓄積を防ぐことができました。 埼玉県農林総合研究センター 農産物安全・土壌担当 新技術情報 25 http://www.pref.saitama.lg.jp/b0909/documents/613264.pdf 埼玉県
減肥(リン酸低減) セル内施肥 キャベツ リン酸のセル内施肥によるキャベツのリン酸減肥  キャベツの春播き初夏どり栽培及び夏播き冬どり栽培において、成分量で9kg/10a 相当のリン酸肥料を育苗培土に混和すると、成分量で 25kg/10a のリン酸肥料を全面全層施用する慣行施肥と同等の収量が得られ、成分量で64%を減肥できる。  千葉県農林総合研究センター 北総園芸研究所東総野菜研究室他 普及 27 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/h26seika-nourin10.pdf 千葉県
有機資源の有効利用、適正施肥 堆肥施用、土壌診断 キャベツ、ダイコン 牛ふん堆肥の連用によるキャベツ、ダイコンの生育と土壌化学性の変化 牛ふん堆肥6t/10a、3t/10aを連用することで、キャベツ結球重は堆肥無施用に比べ102〜285%、ダイコン根重は117〜169%となる。しかし、土壌中の可給態リン酸、加里、苦土は蓄積する。堆肥施用量が多いほど蓄積量が増え、6t/10aの連用では加里、苦土が土壌診断基準の上限値を超えるため、土壌診断に基づいて堆肥施用量、施肥量を減らす必要がある。 千葉県農林総合研究センター 北総園芸研究所 東総野菜研究室 普及 26 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/h25seika-nourin10.pdf 千葉県
有機資源の有効利用、環境負荷低減 堆肥、有機質肥料、「エコFIT」 コマツナ、ホウレンソウ 「エコFIT」を用いた「ちばエコ農業」栽培における硝酸態窒素溶脱低減 化学肥料に堆肥2t/10a/年を上乗せする有機物施用量が慣行の栽培、「エコFIT」を利用した施用量が適正な栽培を年2作体系で3年間継続すると、施用量が慣行の栽培では圃場に残存する窒素量が多く、3年目に硝酸態窒素溶脱量が増加する。一方、有機物施用量が適正な栽培では増加が認められない。 千葉県農林総合研究センター 生産環境部 土壌環境研究室 普及 26 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/h25seika-nourin29.pdf 千葉県
有機資源の有効利用、環境負荷低減 緑肥(ソルガム、エンバク)のすき込み コマツナ 緑肥の硝酸態窒素溶脱抑制効果とすき込み後の基肥窒素代替効果 ソルガム及びエンバクは、それぞれ深さ70cm及び60cmまでに残存する硝酸態窒素を吸収し、最大窒素吸収量は20kg/10a程度で、硝酸態窒素の溶脱抑制効果が高い。ソルガム及びエンバクをすき込んだ後に、緑肥の窒素吸収量の50%相当量を基肥から削減してもコマツナでは慣行と同程度の収量が得られる。 千葉県農林総合研究センター 生産環境部 土壌環境研究室 普及 26 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/h25seika-nourin30.pdf 千葉県
減肥、安定生産 セル内基肥施肥 キャベツ トンネル・マルチを再利用した春どり寒玉系キャベツの施肥方法 セル内基肥により窒素1g/株(3.5kg/10a)を施用することでトンネル・マルチを再
利用したキャベツの生育は促進される。施肥窒素量を前作のレタスに0kg/10a、後作のキャベツにセル内基肥で3.5kg/10aとすることで収量性に優れ、土壌中の残存窒素も少ない。
千葉県農林総合研究センター 北総園芸研究所、生産環境部 普及 23 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/h2310.pdf 千葉県
適正施肥 土壌診断 ホウレンソウ 黒ボク土露地畑における作土下の無機態窒素を考慮した葉菜類の窒素施肥診断 葉菜類を作付け予定の黒ボク土露地畑で、施肥前に深さ15〜 30cm に無機態窒素が多いと推定される場合には、0 〜 30cm の無機態窒素を分析し、その値に0.8 を乗じた量の窒素を減肥する。 千葉県農林総合研究センター 生産環境部、北総園芸研究所 普及 23 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/h2322.pdf 千葉県
減肥、窒素溶脱量低減 肥効調節型肥料、局所施肥 ホウレンソウ、コマツナ 黒ボク土露地畑における減肥技術による硝酸溶脱低減効果の評価 黒ボク土露地畑において、施肥窒素量の半減により溶脱する硝酸態窒素量は顕著に減少する。また、局所施肥を組み合わせることにより、収量性を確保しつつ溶脱する硝酸態窒素量を低減できる。 千葉県農林総合研究センター 生産環境部 研究 21 http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/shikenkenkyuu/documents/36.pdf 千葉県
適正施肥 生育・栄養診断 コマツナ 施設栽培における夏作の最適窒素施肥量の推定 施設コマツナ栽培における夏作の最適窒素施肥量はコマツナの生育,硝酸態窒素等を考慮すると現行の施肥基準の60〜70%程度が望ましい。 東京都農林総合研究センター 生産環境科 成果情報 20 http://www.tokyo-aff.or.jp/center/kenkyuseika/08/img/016_020/017_001.pdf 東京都
減肥(リン酸、カリ低減) L型肥料 ホウレンソウ、コマツナ、レタス L 型(PK 低減)肥料連用で露地野菜畑土壌の交換性カリ含量は 2 年(5 作)で基準値下限となる  L型肥料のみで葉菜類の栽培を3年継続すると、土壌中の交換性カリ含量は減収をもた らす程度まで減少する。同時に可給態リン酸も緩やかに減少するため、L 型肥料のみを連用する場合は2年(5作)程度までとし、その後は有機物(牛ふん堆肥)と併用することが望ましい。  神奈川県農業技術センター生産環境部土壌環境研究課  指導・研究 27 http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/805756.pdf 神奈川県
有機資源の有効利用、減化学肥料 有機質資材、カリ代替 コマツナ、キャベツ 牛ふん堆肥中のカリ成分は化学肥料と同等の肥効を示します コマツナポット試験及びキャベツ圃場試験で、牛ふん堆肥中のカリ成分は、化学肥料(硫酸カリ)と同等以上の肥効を示すため、カリ成分(硫酸カリ)の施肥は、牛ふん堆肥に含まれるカリ成分(全量)で代替できる。 神奈川県農業技術センター・生産環境部・土壌環境研究課 普及奨励事項 26 http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/745983.pdf 神奈川県
増収 伏せ込み床内施肥 アスパラガス 促成伏せ込みアスパラガス栽培における伏せ込み床内施肥の効果 アスパラガスの促成伏せ込み栽培における伏せ込み床内施肥は、根株重が1.5kg以上の株に対して、約20%の増収効果が見られる。また、根株重は、茎葉刈り取り時の生育指数(GI値)から根株堀取り以前に推定が可能である。 新潟県農業総合研究所園芸研究センター 育種栽培科 研究成果情報 27 http://www.ari.pref.niigata.jp/nourinsui/seika15/seikajohou/150116/150116.html 新潟県
減肥(窒素4〜5割低減)、省力 育苗箱施肥専用肥料、ペーパーポット内施肥 ネギ 連結ペーパーポット内施肥による砂丘地ねぎの減窒素肥料栽培 砂丘畑のねぎ栽培において、育苗箱施肥専用肥料を連結ペーパーポット内施肥し、定植時に速効性肥料を施用することで、収量を落とすことなく夏ねぎでは4割、秋冬ねぎでは5割の窒素肥料削減が可能となり、追肥作業が省略できる。 新潟県農業総合研究所園芸研究センター 育種栽培科 研究成果情報 26 http://www.ari.pref.niigata.jp/nourinsui/seika13/katuyou/130210/130210.html 新潟県
省力、品質向上 肥効調節型肥料、育苗培土混和 タマネギ 高温時期のタマネギ育苗における施肥方法の違いが生育・収量に及ぼす影響 育苗培土に緩効性肥料を混和すると、苗質と収量は慣行と変わらず、育苗時の追肥作業の省力化となる。また、本圃での追肥作業も1回削減でき、品質と収穫後の保存性は向上する。 富山県農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 普及上参考となる技術 25 http://taffrc.pref.toyama.jp/nsgc/nougyou/webfile/t1_b6ee9a11f4bb7bc380d356d449956a7d.pdf 富山県
減肥、省力 緩効性肥料、局所施肥 キャベツ 河北潟干拓地における秋冬キャベツの減肥栽培  作物栽培において、肥効が持続する緩効性肥料や局所施肥技術を導入すると、野菜が効率的に肥料を吸収でき、減肥や省力化 、環境負荷軽減が期待できる。しかし、緩効肥料から溶出する窒素量は肥料の種類や栽培時期によって異なり、合理的に減肥できる基準は不明である。そこで、肥料から溶出する窒素量(窒素 供給量)に基づいて、緩効性肥料と局所施肥を組合せた際の窒素の減肥基準を求める。  石川県農林総合研究センター 農業試験場  生物資源グループ  参考研究成果 27 http://www.pref.ishikawa.lg.jp/noken/noushi/seikasyu-hou/27/documents/8_kantaku.pdf 石川県
地力増強、生産性向上、減肥 緑肥(クロタラリア) ハクサイ、ブロッコリ マメ科緑肥クロタラリア夏作における播種適期と後作野菜の窒素吸収量  夏作に適したマメ科緑肥はクロタラリア(丸葉)であり、播種適期は6月中旬である。緑肥による窒素投入量は9〜16kgN/10aであり、後作野菜の緑肥からの窒素吸収量は2〜5kgN/10a程度であり、窒素施用量を3〜5kgN/10a 削減できる。  山梨県総合農業技術センター ・環境部・環境保全鳥獣害対策科 技術・普及  28 http://www.pref.yamanashi.jp/sounou-gjt/documents/h27seikajohokurotararia.pdf 山梨県
地力増強、生産性向上 緑肥(ヘアリーベッチ) コマツナ マメ科緑肥ヘアリーベッチ秋冬作における播種適期と後作野菜の窒素吸収量  秋冬作に適したマメ科緑肥はヘアリーベッチであり、播種適期は平坦地が10月下旬、高冷地が10月中旬である。緑肥による圃場への窒素投入量は 33〜36kgN/10a、後作野菜の緑肥からの窒素吸収量は4〜6kgN/10a、緑肥からの窒素利用率は 12〜18%である。  山梨県総合農業技術センター 栽培部・野菜科、高冷地振興セ・野菜作物科  技術・普及  28 http://www.pref.yamanashi.jp/sounou-gjt/documents/h27seikajohohearibetti.pdf 山梨県
減肥 うね内施肥 ハクサイ、キャベツ、レタス 全面マルチ用うね内部分施肥機は葉菜類(はくさい、キャベツ、レタス)の減肥栽培に利用できる 全面マルチ用うね内部分施肥機を用いると、葉菜類(はくさい、キャベツ、レタス)の春まき作型で減肥効果が高く、基肥の30%減肥で全面全層施肥と同等の収量が得られます。 長野県野菜花き試験場 普及技術 25 http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyokankei/seika/documents/1202h06g.pdf 長野県
安定生産、省力 肥効調節型肥料、全量一回施肥 アスパラガス アスパラガスの露地長期どり栽培での6月立茎前の全量一回施肥法 アスパラガスの露地長期どり栽培における6月立茎前の土寄せ時に速効性肥料と肥効調節型肥料を組み合わせた全量一回施肥法は、追肥が不要で窒素成分で20%減肥しても速効性肥料の分施より増収します。 長野県野菜花き試験場 普及技術 26 http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyokankei/seika/documents/10asparagus.pdf 長野県
減肥(リン酸低減) リン酸減肥指標 コマツナ、ホウレンソウ 葉菜類(コマツナ・ホウレンソウ)における リン酸減肥指標を設定しました  肥料成分のうちリン酸は輸入に100%依存し、かつ高価な成分です。一方、リン酸は農耕地土壌において蓄積が進んでおり、特に県内の葉菜類産地では過剰な蓄積が見られています。  そこで、土壌中に蓄積したリン酸を有効に活用し、肥料費の削減を実現するため、葉菜類(コマツナ・ホウレンソウ)を対象に、土壌中の可給態リン酸の量に応じたリン酸減肥あるいはリン酸無施肥栽培が1年間(コマツナは年間8回、ホウレンソウは年間6回栽培と想定)継続可能なリン酸減肥指標を設定しました。  岐阜県農業技術センター 環境部  研究成果 27 http://www.g-agri.rd.pref.gifu.lg.jp/ 岐阜県
減化学肥料 堆肥中肥料成分の有効利用 キャベツ 牛ふん堆肥で肥料を節約!! 土づくりのために施用される牛ふん堆肥中の肥料成分のうち、化学肥料と同様に効く有効肥料成分量を簡単に知る方法を開発し、冬どりキャベツ栽培で化学肥料削減の実証試験を行いました。 静岡県農林技術研究所・土壌環境科 成果写真集 27 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/photo00131.html 静岡県
減肥(リン酸、カリ低減) 土壌診断 キャベツ 堆肥連用土壌ではリン酸、カリは無施用でよい 土作りのため堆肥施用が推奨されているが、堆肥中の肥料成分を考慮した施肥設計は現在のところ定着していない。そのため過剰施肥となり、作物に吸収されなかった肥料成分の土壌蓄積や地下水汚染等の環境汚染が懸念されている。そこで、稲わら堆肥、豚ぷん堆肥、バーク堆肥を30年間連用した畑において、リン酸とカリは堆肥中成分のみで供給し、堆肥+窒素化学肥料で施用する施肥法が作物収量、土壌養分量に与える影響を明らかにする。 静岡県農林技術研究所・土壌環境科 成果写真集 26 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/report/ 静岡県
減化学肥料 堆肥中肥料成分の有効利用 キャベツ 野菜・茶・柑橘栽培における堆肥中肥料成分(窒素)の有効利用 世界的な肥料価格の高騰により、畜産堆肥等地域で発生する有機物資材中の肥料成分を有効利用していくことが求められている。そこで、野菜、茶、柑橘において、堆肥に含まれる窒素の利用による化学肥料削減により、肥料費を低減する。堆肥を31年間連用している畑におけるキャベツ作において、施肥窒素の23〜80%が代替可能(豚ぷん堆肥では80%)であった。これによる肥料費の削減率は最大60%と試算された。 静岡県農林技術研究所・土壌環境科 成果写真集 24 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/photo00091.html 静岡県
減肥(カリ低減) カリ減肥基準 チンゲンサイ チンゲンサイにおける土壌中の交換性カリ含量に応じたカリ減肥基準 近年、世界的な人口増加等に伴い肥料需要は増大しているが、カリ資源は偏在性が高く将来の供給不足が懸念される。一方、県内の施設土壌ではカリが蓄積したほ場が増加している。そこで、土壌中の交換性カリ含量に応じたカリの減肥が、作物の収量・品質に及ぼす影響を明らかにし、カリの減肥基準を策定する。 静岡県農林技術研究所・土壌環境科 成果写真集 28 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/photo00163.html 静岡県
減肥(リン酸低減) リン酸減肥基準 チンゲンサイ チンゲンサイにおける土壌中の可給態リン酸含量に応じたリン酸減肥基準 近年、世界的な人口増加等に伴い肥料需要は増大しているが、リン酸資源は偏在性が高く将来の供給不足が懸念される。一方、県内の施設土壌ではリン酸が蓄積したほ場が増加している。そこで、土壌中の可給態リン酸含量に応じたリン酸の減肥が、作物の収量・品質に及ぼす影響を明らかにし、リン酸の減肥基準を策定する。 静岡県農林技術研究所・土壌環境科 成果写真集 28 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/photo00162.html 静岡県
減肥(2割減) 肥効調節型肥料、植穴施肥 セルリー 被覆肥料の植穴施肥によるセルリーの施肥削減と移植機利用による機械化 セルリー栽培において、被覆燐硝安加里を定植時の植穴に施肥することにより、施肥窒素を20%減肥しても慣行と同等の収量が得られる。植穴施肥作業は移植機を利用することにより機械化が可能となる。 静岡県農林技術研究所 生産環境部・土壌環境研究 技術・参考 20 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/report/file/h21/production/07.pdf 静岡県
省力 肥効調節型肥料 ネギ 緩効性肥料(IB 肥料)を利用した白ネギの追肥回数の削減 年内〜年明け収穫の作型においてIB 肥料と配合肥料の併用により、基肥と追肥1 回のみでの栽培が可能であり、従来の複数回の追肥作業を大幅に削減できる。 静岡県農林技術研究所 生産環境部 土壌環境研究 技術・普及 20 http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/report/file/h21/production/06.pdf 静岡県
有機資源の有効利用、減肥、環境負荷低減 家畜ふん堆肥、養分代替 キャベツ 堆肥の連用効果を利用した施肥量削減技術を開発−環境に優しく収量を確保しながら施肥量を削減− 露地野菜畑において、堆肥からもたらされる養分を考慮することにより、化学肥料の施用量を大幅に削減することができました。また、肥料を減らしても、野菜の収量は化学肥料だけで栽培した場合に比べ、同量以上確保できました。さらに、ほ場から溶脱する窒素の量は、減肥に伴い大幅に減少しました。 愛知県農業総合試験場 東三河農業研究所 10大成果 26 http://www.pref.aichi.jp/nososi/seika/judaiseika/2014/2014-4th.pdf 愛知県
減肥(リン酸低減) 土壌診断 キャベツ キャベツにおけるリン酸の減肥基準 リン酸肥料の原料であるリン鉱石は全て輸入に依存しており、今後需要の増加により価格が高騰する可能性があります。また、長年の有機物やリン酸資材の施用により、リン酸が蓄積した圃場が増加しています。例えば、三重県の主力品目であるキャベツでは、作物が利用できる土壌中のリン酸量(可給態リン酸量)が、適正値である30〜50mg/100gを大きく超え、100mg以上のリン酸蓄積圃場が多く認められます。そこで、土壌に蓄積したリン酸の有効活用とリン酸肥料の節約を目的に、収量低下を生じずにリン酸肥料を減らすことができる基準「キャベツのリン酸減肥基準」を策定しました。 三重県農業研究所 フード・循環研究課 すぐに普及に移せる成果 25 http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000399728.pdf 三重県
減肥(リン酸低減) 土壌診断 ブロッコリー、コマツナ、ホウレンソウ ブロッコリー、コマツナ、ホウレンソウ栽培におけるリン酸減肥基準の適用性評価 本県で策定したリン酸の減肥基準は、キャベツと同様に、ブロッコリー、コマツナ、ホウレンソウの栽培にも適用できる。 三重県農業研究所 フード・循環研究課 普及成果 26 http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000399708.pdf 三重県
増収、減肥 うね内全層施用 ネギ 開発農地に対応した九条ねぎの環境に やさしい生産性・品質向上技術の開発  牛糞堆肥をうね内全層施用することにより、収量が増加、土壌孔隙率の向上 。肥料をうね内全層施用することで収量が増加、20%減肥により環境負荷軽減 。 京都府農林水産技術センター 丹後農業研究所  普及に移す研究成果 28 http://www.pref.kyoto.jp/nougijyutsu/documents/h27fukyuseika.pdf 京都府
減肥(リン酸低減) 土壌診断 ミズナ、ネギ、ハナナ ブランド京野菜のリン酸減肥基準を策定 リン酸肥料の高騰に対応して施肥コストを低減するため、ブランド京野菜のうちミズナ・ネギ・ハナナについて可給態リン酸の土壌診断基準とリン酸減肥基準を策定し、施肥技術指針を作成 京都府農林水産技術センター 環境部 普及に移す試験研究成果 26 http://www.pref.kyoto.jp/nougijyutsu/documents/h26hukyuu.pdf 京都府
有機栽培 有機質肥料 コマツナ、ミズナ、シュンギク、ホウレンソウ、ダイコン 施設軟弱野菜及びダイコンの有機肥料の利用技術 施設軟弱野菜(コマツナ、ミズナ、シュンギク、ホウレンソウ)の周年栽培及びダイコンで、菜種油かす等有機肥料を施用し、慣行施肥と同等の収量を得る技術を確立しました。 京都府農林センター環境部 普及に移す試験研究成果 23 http://www.pref.kyoto.jp/nougijyutsu/documents/1354752948256.pdf 京都府
有機資源の有効利用 豚ふん堆肥炭化物残さの利用 シュンギク シュンギク施設栽培での豚ふん堆肥炭化物分級残さのカリウム肥料効果 豚ふん堆肥炭化物の回収残さを用いて,有機入り化成肥料を対照資材とした栽培試験を行ったところ,カリウムの肥料効果が期待できることが明らかとなった。 大阪府立環境農林水産総合研究所 研究成果 25 http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/_files/00056427/H25-shungiku.pdf 大阪府
省力、安定生産 肥効調節型肥料、全量基肥施肥 マコモ「千葉早生」 マコモの省力多収栽培技術  マコモ優良系統「千葉早生」の移植時期は、マコモタケの収量が多く、品質に優れる5月下旬が適する。水稲用緩効性肥料の基肥全量施用で施肥管理が省力的である。また、雑草対策として紙マルチ被覆と刈払いの組み合わせにより高い抑草効果
が得られる。 
和歌山県農業試験場 栽培部 普及 27 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070109/seika/h26/h26seikajoho_07.pdf 和歌山県
地力の維持・向上、適正施肥 堆肥の連用 キャベツ 夏播きキャベツ栽培における牛ふん堆肥の連用効果  牛ふん堆肥を連用すると、夏播きキャベツの生育に必要な無機態窒素や可給態窒素の供給源となり、窒素施用量を慣行量より減らしても安定的な収量を確保できる。また、牛ふん堆肥を10a当たり1.5〜3t連用しても、可給態リン酸は過剰集積しない。  岡山県農林水産総合センター 農業研究所 環境研究室 情報 28 http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/502548_3749741_misc.pdf 岡山県
リン酸過剰対策、特別栽培 低P有機化成肥料 レタス リン酸成分の少ない安価な有機化成肥料の開発  県内の野菜畑はリン酸が過剰な圃場が多いため、リン酸成分が少ない安価な有機化成肥料を開発した。新肥料は、有機態窒素を5割以上含むため、新肥料単独で特別栽培農産物生産にも活用できる。  岡山県農林水産総合センター 農業研究所 環境研究室 技術 28 http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/502548_3749752_misc.pdf 岡山県
減肥(リン酸低減) 土壌診断 キャベツ 夏播きキャベツ栽培でのリン酸減肥基準 夏播きキャベツ栽培では、土壌中可給態リン酸含量が改良目標上限値にあたる乾土100g当たり75mgを超えると、リン酸無施用としても減収しない。 岡山県農林水産総合センター農業研究所 環境研究室 技術 25 http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/342352_1673663_misc.pdf 岡山県
有機栽培 指定配合肥料 コマツナ、ホウレンソウ、トマト 有機栽培のカリウム欠乏圃場に適した新肥料の開発 カリウムが欠乏した有機栽培圃場において、カリウム含有率を高めた新肥料(指定配合肥料)を利用することで、土壌塩基バランスが改善し、カリウム欠乏症状の発生を軽減できる。 岡山県農林水産総合センター農業研究所 環境研究室 技術 25 http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/342352_1673669_misc.pdf 岡山県
増収 施肥体系 ネギ 夏どり白ネギ多収のための土壌改善効果の実証  白ネギは,「2020 広島県農林水産業チャレンジプラン」における推進品目であり,集落法人や農業参入企業を中心に生産拡大が進んでいます。県内の白ネギ栽培は,秋冬どり作型が中心ですが,市場からは周年出荷の要望があり,夏どり作型の導入が試みられています。しかし,夏どり作型では低収量が問題であり,収量を増加させる技術が求められています。前年までの試験で明らかにした白ネギの窒素吸収量 6.5kg/10aを基に,必要な施肥量の確認と牛ふん堆肥施用による土壌物理化学性改善効果を明らかにしました。  広島県立総合技術研究所 農業技術センター 生産環境研究部 技術指導に参考となる成果 27 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/182489.pdf 広島県
減化学肥料 家畜ふん堆肥、油かす、炭の施用 ホウレンソウ 化学肥料代替を目的とした施設ホウレンソウ栽培への家畜ふん堆肥等の施用方法 施設ホウレンソウ栽培において,家畜ふん堆肥が土づくり資材として施用されており,それには,肥料成分も含まれています。そこで,牛ふん堆肥,鶏ふん堆肥の有機質資材に含まれている肥料分を考慮し,また,有機質肥料として油かすを利用します。さらに土壌中の肥料成分への影響の少ない土壌改良資材として炭を用い,これらを5年間連用した結果より,化学肥料の施用量を低減する技術を開発しました。 広島県立総合技術研究所農業技術センター生産環境研究部 普及に移し得る成果 25 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/98401.pdf 広島県
減化学肥料(リン酸) 有機質資材 ホウレンソウ ホウレンソウ栽培におけるリン酸肥料減肥のための牛ふん堆肥利用 近年,肥料価格の高騰等で生産コストは増加している。一方,生産現場では,
土づくり資材として堆肥の施用が行われているが,それに含まれる肥料成分は
勘案されず,施肥が行われている。そこで,肥料コスト低減をめざし,堆肥に
含有されるリン酸肥料成分に応じた減肥ができるか否かについて検討する。
広島県立総合技術研究所 農業技術センター 生産環境研究部 技術指導に参考となる成果 24 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/101329.pdf 広島県
減肥(窒素4割減)、環境負荷低減 肥効調節型肥料、セル内施肥 キャベツ 晩出しキャベツのセル内施肥栽培による窒素溶脱の低減 80日型のセル内施肥専用肥料を培養土1L当たり200g混和し、追肥を慣行通り行う晩出しキャベツのセル内施肥栽培は硝酸態窒素の溶脱を40%以上低減できる。これによって、慣行栽培に対して施肥窒素量の約40%の減肥が可能で、収量は同等である。 福岡県農業総合試験場 土壌・環境部 環境保全チーム 技術改良 21 http://farc.pref.fukuoka.jp/farc/seika/h21b/06-01.pdf 福岡県
減肥(リン酸、カリ低減) 土壌診断、堆肥施用 タマネギ 堆厩肥を連用している上場地域のタマネギほ場では有効態リン酸とカリが過剰に集積している  佐賀県上場地域のタマネギ栽培農家35戸のうち6割以上で6トン/10a以上の堆肥が投入されている。また9割以上の畑で有効態リン酸およびカリが基準値を超えている。  佐賀県農業試験研究センタ− 上場営農センター・研究部 畑作・経営研究担当  研究成果情報 28 http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00310783/3_10783_15678_up_vsy33xrr.pdf 佐賀県
減肥(リン酸、カリ低減) 土壌診断、堆肥施用 タマネギ 堆厩肥連用圃場でのタマネギ2期作における冬どり栽培では8割の減肥でも慣行と同等の収量が確保できる  堆厩肥を春どりタマネギ作付け前に10アール当たり5トン,冬どりタマネギ作付け前に2トン毎年施用している圃場でのタマネギ2期作において,冬どりタマネギを慣行の8割減肥で栽培しても慣行と同等の収量を確保でき,肥料費を10アール当たり約3割削減できる。  佐賀県農業試験研究センタ− 上場営農センター・研究部 畑作・経営研究担当  研究成果情報 28 http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00310783/3_10783_15679_up_sj2bgi81.pdf 佐賀県
減肥(リン酸、カリ低減) 土壌診断、堆肥施用 タマネギ 堆厩肥連用圃場でのタマネギ2期作の春どりタマネギでは前作冬どりで8割減肥しても慣行と同等の収量が確保できる  堆厩肥を春どりタマネギ作付け前に10アール当たり5トン,冬どりタマネギ作付け前に2トン毎年施用している圃場でのタマネギ2期作において,前作である冬どりを慣行の8割減肥で栽培しても栽培後の土壌中には無機態窒素,有効態リン酸,カリ,カルシウムが慣行栽培と同等量存在しており,後作の春どりの収量に影響しない。 佐賀県農業試験研究センタ− 上場営農センター・研究部 畑作・経営研究担当  研究成果情報 28 http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00310783/3_10783_15681_up_tqdmuw8g.pdf 佐賀県
有機栽培、安定生産 有機配合肥料、鶏糞 タマネギ 水稲+タマネギ作付け体系における極早生タマネギへの有機質肥料の施用法 極早生タマネギにおいては、「有機配合肥料」または「有機配合肥料+鶏糞」を窒素成分で10a当たり22kg施用することで、慣行化学肥料の約80%の商品収量が確保できる。また、後作水稲は、無肥料とすることで小麦後作水稲と同等の収量が得られる。 佐賀県農業試験研究センター 有機・環境農業部・有機農業研究担当 研究成果情報 25 http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00310807/3_10807_85_h24seika_20.pdf 佐賀県
環境負荷低減 緑肥(スーダングラス) レタス レタス栽培における土壌の種類とイネ科緑肥の地下水への硝酸態窒素負荷低減効果 レタス栽培において降雨時期にイネ科緑肥を栽培することで、地下水への硝酸態窒素負荷を黒ボク土で約30%、赤黄色土で約50%低減することができる。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 行政 28 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H27seika-jouhou/gyousei/G-27-02.pdf 長崎県
減化学肥料栽培 廃菌床、堆肥 レタス 廃菌床混合鶏ふん堆肥によるレタスの化学肥料半減栽培 レタスにおいて化学窒素肥料の半量を廃菌床20および50%混合鶏ふん堆肥で代替した減化学肥料栽培は、県基準の牛ふん堆肥と化学肥料を施用した場合と比べ、調整重が大きく、同等以上の収量が得られる。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 27 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H26seika-jouhou/shidou/S-26-24.pdf 長崎県
増収 土壌診断 アスパラガス アスパラガスの単収向上のための土壌診断指標 アスパラガス圃場ではCECが高いほど収量が多い傾向にある。休眠期における土壌診断の目安として、pH、EC、無機態窒素、可給態リン酸、塩基飽和度、石灰飽和度、苦土飽和度の適正範囲を設定した。低収圃場では低pH、高EC、可給態リン酸、加里、石灰、苦土が過剰となっている実態がある。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 27 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H26seika-jouhou/shidou/S-26-21.pdf 長崎県
安定生産 消石灰 アスパラガス 諫早湾干拓地の半促成長期どりアスパラガにおけるpH 矯正による収量の回復 諫早湾干拓地 の半促成長期どりアスパラガス栽培において、保温開始前の堆肥施用時に消石灰を土壌と混和しても異常茎の収量は増加 しない。2Lの割合はや減少するが、 L・Mの収量が増加するため年間収量は増加し、春芽・夏芽共に収量が回復する。 長崎県農林技術開 発センター・干拓営農研究部門 普及 27 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H26seika-jouhou/fukyu/F-26-01.pdf 長崎県
環境負荷低減、収量・品質向上 有機質肥料、施肥体系 アスパラガス 露地アスパラガス(単年どり)栽培における株養成期間中の有機質肥料の施用法 露地アスパラガスの単年どり栽培において、株養成期間中に有機質肥料は窒素成分30kg/10aの施用とし、 6月中旬から追肥を行うと、伏せ込み栽培で収量・L級の割合が高くなる。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 27 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H26seika-jouhou/shidou/S-26-23.pdf 長崎県
安定生産 施肥体系 タマネギ 諫早湾干拓地における加工業務用タマネギの目標収量を確保する6条植の栽培技術 諫早湾干拓地における加工業務用タマネギの目標収量8t/10aは、6条植(40,000本/10a)で、施肥窒素量を27kg/10aにすることで安定的に確保できる。また、6条植でも適期に防除すれば、慣行栽培(4条植)と同じ防除回数で同じ防除効果が得られる。 長崎県農林技術開発センター・干拓営農研究部門 、環境研究部門 指導 28 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H27seika-jouhou/shidou/S-27-13.pdf 長崎県
有機栽培 堆肥中肥料成分の有効利用 タマネギ 新窒素肥効評価法に基づいた鶏ふん堆肥のタマネギに対する施用効果 新窒素肥効評価法に基づき、化学肥料代替として鶏ふん堆肥をタマネギに施用することにより収量性が向上する。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 27 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H26seika-jouhou/shidou/S-26-22.pdf 長崎県
減肥(窒素30%低減)、省力 肥効調節型肥料、全量基肥畝内施肥 キャベツ 畝内条施肥による冬キャベツの窒素減肥栽培 冬キャベツの肥効調節型肥料を用いた全量基肥畝内条施肥による窒素30%減肥栽培は、慣行の全層施肥と同等の収量が得られる。また、追肥作業が省略できる。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 26 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H25seika-jouhou/shidou/S-25-03.pdf 長崎県
減肥(窒素70%減)、環境負荷低減 肥効調節型肥料、セル内施肥 レタス セル内施肥による年内どりレタスの窒素減肥栽培 年内どりレタスの肥効調節型肥料を用いたセル内施肥による窒素70%減肥栽培は、慣行の全層施肥と同等の収量が得られる。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 普及 26 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H25seika-jouhou/fukyu/F-25-03.pdf 長崎県
減化学肥料 乾燥鶏ふんの施用、土壌診断 レタス 諫早湾干拓レタス連作畑における乾燥鶏ふんの連用施用量 諫早湾干拓レタス連作畑では、乾燥鶏ふんの連用は土壌pH、交換性カルシウム含量を維持し、レタス収量が増収する。土壌養分の蓄積防止のため、乾燥鶏ふんの連用時の適正施用量は年間1,000kg/10aである。 長崎県農林技術開発センター・干拓営農研究部門 指導 25 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H24seika-jouhou/shidou/S-24-03.pdf 長崎県
生育促進 クエン酸施用 アスパラガス クエン酸施用によるアスパラガス地下部の肥大促進 アスパラガスの定植後にクエン酸を施用すると地下部の肥大が促進される。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 26 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H25seika-jouhou/shidou/S-25-23.pdf 長崎県
省力 肥効調節型肥料、追肥1回施肥 アスパラガス 半促成長期どりアスパラガスの被覆尿素肥料による秋期追肥の省力化 半促成長期どりアスパラガスにおいて、被覆尿素肥料を10月中旬に1回施肥することで、速効性肥料を12月末まで6回追肥した場合と同等の春芽収量が収穫でき、秋期の追肥作業が省力できる。 長崎県農林技術開発センター・環境研究部門・土壌肥料研究室 指導 25 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H24seika-jouhou/shidou/S-24-20.pdf 長崎県
肥料コスト低減、省力 特別栽培用肥料 タマネギ 諫早湾干拓地におけるタマネギの特別栽培用新肥料の評価 特別栽培に対応したタマネギ用新肥料は諫早湾干拓地のタマネギの目標収量(6t/10a)を確保できる。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 26 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H25seika-jouhou/shidou/S-25-07.pdf 長崎県
減化学肥料(窒素5割) 有機質資材 キャベツ 諫早湾干拓地における厳寒期どり冬キャベツへの乾燥鶏ふんの施肥法 諫早湾干拓地における厳寒期どり冬キャベツでは、基肥で乾燥鶏ふん0.7t/10aを施用し、さらに硫安をN14/10a施用すると、硫安(N28kg/10a)と同等の収量が得られ、化学肥料の窒素成分量の慣行レベルの1/2を代替することができる。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 23 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H23seika-jouhou/shidou/S-23-04.pdf 長崎県
減化学肥料(窒素5割) 有機質資材 キャベツ 諫早湾干拓地における年内どり冬キャベツへのナタネ油かす、乾燥鶏ふんの施
肥法
諫早湾干拓地における年内どり冬キ[要約] ャベツでは、化学肥料の窒素成分量の慣行レベルの1/2(14kg/10a)を代替するため、窒素無機化率を70%としてナタネ油かす380kg/10a、または乾燥鶏ふん0.7t/10aを基肥で施用し、硫安で10aあたり基肥24kg(N5kg)と追肥42kg(N9kg)を施用すると、慣行と同等の収量が得られる。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 22 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H22seika-jouhou/shidou/S-22-05.pdf 長崎県
減化学肥料(窒素5割) 有機質資材 タマネギ 諫早湾干拓地におけるタマネギ栽培(早生・晩生)での特別栽培に対応した施肥法 諫早湾干拓地におけるタマネギ栽培(早生・晩生)では、油かす及び鶏ふんの窒素分解率を70%とし、不足分を増量し窒素成分を13kg/10aとし全量を基肥とすることで、諫早湾干拓地の目標収量を確保でき、化学肥料施用量を1/2以下にすることができる。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 23 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H23seika-jouhou/shidou/S-23-05.pdf 長崎県
無肥料、省力、収量・品質向上 作付体系 チンゲンサイ、ミズナ 秋作メロン後作チンゲンサイ、ミズナの無肥料栽培 秋作メロン後作のチンゲンサイ、ミズナは、残肥の効果により無肥料で栽培しても良好な生育・収量が期待でき、体内硝酸イオン濃度も低く品質的にも優れる。
短期間の栽培で病害虫の発生も少なく、ほぼ無防除での栽培が可能である。
長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 20 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H20seika-jouhou/shidou/S-20-36.pdf 長崎県
減肥(窒素2割減) 畝内施肥 ハクサイ 養分が集積した黒ボク土施設畑での畝内施肥による春ハクサイの窒素施肥量低減 養分が集積した黒ボク土壌での春ハクサイ栽培において、施肥法を従来の全面全層施肥から畝内施肥に変えることで窒素施肥量を2割低減できる。 長崎県農林技術開発センター 環境研究部門 土壌肥料研究室 行政 21 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H21seika-jouhou/gyousei/G-21-05.pdf 長崎県
減肥(窒素3割減) 畝内施肥 ブロッコリー 秋冬ブロッコリーの畝内条施肥による窒素減肥栽培 秋冬ブロッコリーの畝内条施肥による窒素30%減肥栽培は、慣行の全層施肥と同等の収量が得られる。また、被覆尿素の配合により追肥が省略できる。 長崎県農林技術開発センター 環境研究部門 土壌肥料研究室 指導 20 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H20seika-jouhou/shidou/S-20-13.pdf 長崎県
減化学肥料 有機質資材 ホウレンソウ 諫早湾干拓地における加工用ホウレンソウ栽培の標準施肥量及び減化学肥料施肥体系 加工用ホウレンソウの目標収量6000kg/10a[要約] 、平均株重200g、平均草丈40p以上の生育を確保するには、窒素施肥量で27kg/10a以上を全面全層施肥する。その場合の生育日数は、は種後約66日以上である。減化学肥料栽培を目指す場合、総窒素施肥量28kg/10aで3/4をナタネ油かす代替施肥するか、総窒素21kg/10aで2/3を鶏ふんで代替施肥する。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 22 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H22seika-jouhou/shidou/S-22-12.pdf 長崎県
減化学肥料 有機質資材 ホウレンソウ 施設ホウレンソウの減化学肥料栽培 ホウレンソウの施設栽培において、目標株[要約] 重30g以上の生育が可能な5月下旬は種までの春作栽培で、慣行窒素施肥量10kg/10aの半量を有機質肥料(ナタネ油かす)で代替した場合の生育は優れ、体内硝酸イオン濃度はやや低い傾向を示す。10月は種以降の秋冬栽培では、有機質肥料代替施肥で生育がやや遅れるものの、特に支障はなく、特別栽培農産物認証取得に向けた減化学肥料栽培は可能である。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 21 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H21seika-jouhou/shidou/S-21-06.pdf 長崎県
減化学肥料(窒素5割) 有機質資材 レタス 諫早湾干拓地における年内どりレタスへの乾燥鶏ふんの施用法 諫早湾干拓地での年内どりレタスでは、乾燥鶏ふん500kg/[要約] 10aと安45(N9.5)kg/10aを基肥で施肥することで、化学肥料の窒素成分量の慣行レベル(N24kg/10a)の1/2を代替でき、慣行と同等の収量が得られる。乾燥鶏ふん500kg/10aを年2回4連用しても養分の蓄積は認められない。 長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究部門 指導 22 https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/theme/result/H22seika-jouhou/shidou/S-22-06.pdf 長崎県
減肥(リン酸低減) 土壌診断 キャベツ 土壌診断に基づく夏まきキャベツのリン酸減肥栽培 黒ボク土における夏まきキャベツ栽培では、土壌中の有効態リン酸含量が15mg/100g 乾土以上の場合、リン酸肥料の削減が可能である。 熊本県農業研究センター生産環境研究所土壌肥料研究室 研究成果情報 25 http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=1032&sub_id=1&flid=37&dan_id=1 熊本県
安定生産 化学肥料と堆肥の組み合わせ キャベツ 夏秋キャベツにおける収量安定のための化成肥料と堆肥の施用体系 夏秋キャベツにおいて総窒素施用量25kg/10a で目標収量5t/10a を確保するためには、化成肥料で約9 割を施用し、残りの約1 割は堆肥から供給する組合せが効率的である。 熊本県農業研究センター 高原農業研究所 研究成果情報 25 http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=1032&sub_id=1&flid=60&dan_id=1 熊本県
肥料コスト低減 塩化加里の施肥 ホウレンソウ、チンゲンサイ 塩化加里による露地軟弱野菜の施肥コスト低減技術 軟弱野菜の露地栽培では、加里肥料を硫酸加里から塩化加里に代替しても生産性は維持され、施肥コストは低減できる。 熊本県農業研究センター生産環境研究所土壌肥料研究室 研究成果情報 25 http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=1032&sub_id=1&flid=36&dan_id=1 熊本県
減肥(リン酸) 土壌診断 キャベツ 土壌診断に基づく夏まきキャベツのリン酸減肥栽培 黒ボク土における夏まきキャベツ栽培では、土壌中の有効態リン酸含量が15mg/100g 乾土以上の場合、リン酸肥料の削減が可能である。 熊本県農業研究センター 生産環境研究所 土壌肥料研究室 農病研究成果情報 23 https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=6666&sub_id=2&flid=32495 熊本県
安定生産 化学肥料と堆肥の組み合わせ キャベツ 夏秋キャベツにおける収量安定のための化成肥料と堆肥の施用体系 夏秋キャベツにおいて総窒素施用量25kg/10a で目標収量5t/10a を確保するためには、化成肥料で約9 割を施用し、残りの約1 割は堆肥から供給する組合せが効率的である。 熊本県農業研究センター 高原農業研究所 農病研究成果情報 23 https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=6666&sub_id=2&flid=32499 熊本県
減肥(窒素5割減)、省力 作付体系、肥効調節型肥料 キャベツ、ブロッコリー いぐさ栽培後作キャベツ、ブロッコリーの肥効調節型肥料を用いた施肥量削減 肥効調節型肥料を用い畦内に条施肥を行うことで、いぐさ栽培後の秋作ブロッコリー、秋作キャベツともN成分を50%減肥しても減収しない。また、追肥作業が省略できる。 熊本県農業研究センター い業研究所 作付体系研究室 農病研究成果情報 20 https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=6660&sub_id=1&flid=42&dan_id=1 熊本県
コスト低減 塩化加里 ホウレンソウ、チンゲンサイ 塩化加里による露地軟弱野菜の施肥コスト低減技術 軟弱野菜の露地栽培では、加里肥料を硫酸加里から塩化加里に代替しても生産性は維持され、施肥コストは低減できる。 熊本県農業研究センター 生産環境研究所 土壌肥料研究室 農病研究成果情報 23 https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=6666&sub_id=2&flid=32492 熊本県
肥料コスト低減、減肥(リン酸低減) 土壌診断 ハクサイ、ニンジン、サツマイモ 露地野菜等に対する土壌の可給態リン酸含量に応じたリン酸施肥 露地野菜等に対する土壌の可給態リン酸含量(トルオーグ法)に応じたリン酸施肥量の基準を設定した。可給態リン酸含量が土壌診断基準値の50mg/100g乾土を超える場合は無施肥,30〜50mg/100g乾土では50%減肥が可能である。 鹿児島県農業開発総合センター 生産環境部 土壌環境研究室 普及情報 25 http://www.pref.kagoshima.jp/ag11/pop-tech/zenbu/0953.html 鹿児島県
減肥(リン酸、カリ低減) 土壌診断 レタス 土壌養分の蓄積に応じたレタスの施肥量の削減 ジャーガルにおけるレタス栽培では、栽培前土壌の可給態リン酸含量25mg/100g以上、交換性加里含量50mg/100g以上では、それぞれの成分が無施用でも栽培が可能である。 沖縄県農業研究センター 土壌環境班 成果情報 26 http://www.pref.okinawa.jp/arc/_userdata/seikajouhou/25/yasai/yasai-8.pdf 沖縄県